ぽぽ保育園

0797-63-1332

保育計画0歳

ホーム > 保育計画 > 保育計画0歳

発達の特徴

  • もっとも未熟な状態で抵抗力が弱く環境の変化に影響されやすい
  • 月齢や一人ひとりによる発達差が大きい
  • 見る、聞く、なめる、さわる、引っ張るなど探索活動を通して、まわりの世界との関係をつくり、事物や事象が記憶される
  • 大人のゆきとどいた世話や愛撫を受けることで、情緒が安定し、表情、喃語、身振りなどで感情や意志を表現、伝達するようになる
  • 首すわり、寝返り、座る、はう、立つといった運動や姿勢の発達は、歩行、手の運動などへと発展し、子どもの生活空間が広がっていく

ねらい

  • 保健的で安全な環境づくり、常に身体の状態を細かく観察し、疾病や異常の発見に努め快適に生活できるようにする
  • 一人ひとりの子どもの生活のリズムを重視して、食欲、睡眠、排泄などの生理的欲求を満たし、生命の保持と生活の安定を図り、甘えなどの依存的欲求を満たし、情緒の安定を図る
  • 安全で活動しやすい環境を整え、姿勢を整えたり、移動したりして、色々な身体活動を十分に行う
  • 個人差に応じて離乳を進め、いろいろな食品に慣れさせ幼児食への移行を図る
  • 優しく語りかけたり、発声や喃語に応答したりして、発語の意欲を育てる
  • 見る、聞く、さわるなどの経験を通して、感覚や手指の機能の発達を促す
  • 安心できる人的物的環境の下で、絵本や玩具、身近な生活用品などを、見たり、さわったりする機会を通して、身の回りのものに対する興味や好奇心の芽生えを促す

経験内容

  • 身体発達や健康状態を的確に把握しながら、一人ひとりの子どもの生理的欲求を十分に満たし、保育士の愛情豊かな受容により、清潔で気持ちのよい生活ができるようにする
  • 楽しい雰囲気の中で、ゆったりした気持ちで個人差に応じて授乳を行い、一人ひとりに合わせてミルク以外の味やスプーンから飲むことに慣れるようにし、離乳を進めて、次第の幼児食に移行する
  • 授乳、食事の前後や汚れた時は、優しく言葉をかけながら顔や手をふく
  • おむつが汚れたら、優しく言葉をかけながらこまめに取り替え、きれいになった心地よさを感じることができるようにする。また、一人ひとりの排尿間隔を把握し、除々にオマルなどの排泄にも興味がもてるようにする
  • 寝返り、はいはい、お座り、つたい歩き、立つ、歩くなどそれぞれの状態に合った活動を十分に行うとともに、つまむ、たたく、引っ張るなどの手や指を使っての遊びを楽しむ
  • 喃語や片言を優しく受け止めてもらい、発語や保育士とのやりとりを楽しむ
  • 生活や遊びの中での保育士のすることに興味を持ったり、模倣したりすることを楽しむ
  • 保育士に見守られ、玩具や身の回りの物で一人遊びを十分に楽しむようにする
  • 保育士の歌を楽しんで聞いたり、歌やリズムに合わせて手足や身体を動かして楽しむ
  • きれいな色彩や身近なものの絵本を見てイメージを豊かにする

保育士の配慮

  • 身体機能の未熟性が強く、病気や生命の危険に陥りやすいため、一人ひとりの体質、発達、家庭環境などをよく理解し、それに応じて、適切に対応できるよう個別に保育を進めていく。特に保育時間の長い場合は、家庭との連携をより密にし、24時間の生活リズムを把握し保育を進める
  • 愛情豊かで適切な保育士とのかかわりが、子どもの人間形成の基盤となり、情緒や言葉の発達に大きく影響することを認識し、子どものさまざまな欲求を適切に満たし、子どもとの信頼関係を十分築くようにする
  • 食事、排泄などへの対応は、一人ひとりの子どもの発育、発達状態に応じて無理のないように行い、うまくできたときはほめるなどの配慮をする
  • 遊びにおいては、個人差の大きい時期なので、一人ひとりの子どもの発育・発達状態をよく把握し、子どもが興味をもち自分からしてみようとする意欲を大切にあたたかく見守る
  • 玩具などの色彩や音色、形、感触などに留意し、目、耳の感覚機能が発達するような働きかけをする
  • 保育士や子どもの身の回りの環境や衣類、寝具、玩具などの点検を常に行い、また、温度湿度などの環境保健に注意を払うとともに、室内環境の色彩やベットなどの備品の配置にも配慮する
ほっとスマイル
ぽぽデイ
採用情報
西宮市提出書類ダウンロード
よいこネット
園だより
子育て支援について
利用者支援事業 ククアぽぽ
企業内保育園 おうち組
採用情報 >  プライバシーポリシー > サイトマップ >